目の下のたるみに負けない|諦めるより試してみよう

女性

除去の方法として

婦人

ほくろは、人によってはチャームポイントになり得ますが、大きさや数によってはコンプレックスに感じる人も多いです。ほくろ除去の方法や場所には様々な選択肢があり、自分のほくろのタイプや予算と相談しながら、自分に適した方法を慎重に選ぶようにしましょう。

Read More

体形のコントロールまで

医者

ニキビやエイジングケアでおなじみの美容皮膚科ですが、医療ダイエットを行っている所もあります。医師の指導を受けながらダイエットするので、安全で即効性があるのが特徴です。メソセラピーや小顔注射など美容皮膚科ならではの方法で部分痩せもできます。

Read More

ボトックスをしたいなら

注射

眉間や目尻の小じわをなくしたり、フェイスラインをシャープにしたり、ふくらはぎを細くしたりできるのがボトックス注射です。ボトックス注射はその手軽さから人気ですが、注射をする前にボトックスの特徴をよく理解しておく必要があります。

Read More

健康的な印象になりたい

目元

美容外科の治療が有効です

具合が悪いわけでも何でもないのに、疲れているのではないか、体調を崩しているのではないかと誤解されてしまう人がたまにいます。顔色の悪さや肌荒れのせいでそのような誤解を受けてしまうケースもありますが、意外と多いのが目の下の皮膚のたるみが誤解の原因になっているケースです。目の下の皮膚がたるむと、その下に影が生じます。この影が黒っぽいクマのように見えてしまうため、とても不健康そうな印象になってしまいます。また、老け見えも助長されますから、悩んでしまう人が多いです。目の下の皮膚のたるみを改善するために、高価なアイクリームを買い込んでセッセと塗り込む人がいますが、強くマッサージしすぎて肌たるみを悪化させてしまうケースが少なくありません。努力が水の泡になってしまうどころか逆効果になってしまう可能性が高いので、セルフケアはあまりおすすめできません。目の下の皮膚のたるみを確実に解消したいと望んでいるのなら、美容外科クリニックに行ってリフトアップ治療を受けるのが一番です。美容外科医は、医学的な根拠に基づいた方法で、安全かつ確実に目の下のたるみを治療してくれます。

切らずに治す

目の下のたるみをとる方法として昔からよく行われてきたのは、たるんだ皮膚と余分な脂肪をメスで切除する手術です。目の下の皮膚をたるませる直接的な原因になっているのは、下垂してきた眼窩脂肪です。眼球は薄い脂肪に覆われて眼窩の中に収まっているのですが、加齢の影響で脂肪を支えている筋肉の力が衰えると、脂肪が少しずつ下垂していきます。下垂した脂肪が目の下の皮膚を前に押し出してしまうため、その部分に皮膚のたるみが生じてしまうという仕組みです。つまり、たるみをキレイになくすためには、皮膚だけでなく下垂した眼窩脂肪も一緒に除去してしまう必要があるのです。そのため、皮膚と脂肪の両方をメスで切除する手術が一般的になっていました。しかし、たるみの症状がまだそれほど重くない場合は、下垂した脂肪を除去するだけでメスで切る手術とほぼ同レベルの改善効果を得ることができます。切らずに済ませたいと望む患者が多いため、どの美容外科クリニックも切らない治療の導入に積極的です。経結膜脱脂術という名前の治療や高周波治療などがありますので、興味がある人は調べてみるとよいです。